寄付

わかりあい、そして支えあう
あなたの善意で明るい社会へ

寄付について

当基金が事業を開始した1965年度(昭和40年度)に道民から寄せられた寄付は1,400万円。その後、少しずつ増え、募金総額は1983年(昭和58年)12月に10億円、1995年(平成7年)6月に20億円を突破、2011年(平成23年)12月には30億円に達しました。2016年度(平成28年度)に受け取った寄付は2,574件、1億8,477万円でした。設立からの寄付累計額は35億6,701万円に達しています。
児童生徒が小遣いを持ち寄った募金、手作り品や不用品などを販売したチャリティーバザーの益金、企業や団体などの寄付、香典返しに代えての寄付などいろいろな形で善意をいただいていますが、社会福祉のために役立ててほしい、との願いは皆さん一緒です。今後とも皆様からの善意のご支援をお待ちしております。

寄付金受け付けの流れ

受け付け方法

  1. 直接持参
    • 基金事務局(北海道新聞本社9階)または北海道新聞支社総務担当へ、事前連絡の上ご持参願います。(平日:9時30分~17時)
  2. 郵便振替
    • 〈口座番号〉02730-5-76823
    • 〈加入者名〉道新福祉基金(どうしんふくしききん)
      • 払込取扱票を利用する場合(振込手数料は各自ご負担)
        • 払込取扱票に「住所、氏名、電話番号」、ならびに通信欄に「寄付の目的、匿名希望の有無、その他連絡事項」をご記入願います。
        • ※当基金へご請求くだされば、手数料のかからない専用の払込取扱票をお送りします。
      • ゆうちょATMを利用する場合
        • ゆうちょ口座間の送金(電信振替)料金が月3回まで無料になります(2018年9月30日まで)。
        • ※振り込み前または振り込み後に基金事務局へ電話かメールにてご連絡願います。
  3. 銀行振り込み(振込手数料は各自ご負担)
    • 〈口座番号〉
      • ◆北洋銀行本店営業部  (普)5085892
      • ◆北海道銀行本店営業部 (普)2676885
    • 〈口座名義〉いずれも
      • 財)北海道新聞社会福祉振興基金
      • ザイ)ホッカイドウシンブンシャカイフクシシンコウキキン
      • ・振り込み前または振り込み後に基金事務局へ電話かメールにてご連絡願います。
      • ※金融機関により、一定額以上の振り込み時に本人確認書類が必要となる場合があります。

寄付金受領後

寄付金受領または入金確認
  ↓
領収証発行
  ↓
北海道新聞への紙面掲載
・30万円以上の場合は、写真付きで全道版第4社会面に掲載。
・30万円未満の場合は、関係地方版に掲載。
・匿名での掲載も可能です。
  ↓
毎週土曜日の朝刊第4社会面にその週の受け付け分一覧を掲載。

寄付者一覧

  • 熊谷節子さん

    熊谷 節子様(札幌市)

    寄付金額:1,000,000 円

    11月16日に死去した夫、弘道さんの遺志により、社会福祉に役立ててと。

  • 表千家函館地区青年部様(函館市)

    寄付金額:50,000 円

    社会福祉に役立ててと。

  • 花かるた様(函館市)

    寄付金額:63,398 円

    11月11日に催した開店35周年祝賀会の募金を社会福祉に役立ててと。

  • 北海高校校友会東京支部様(首都圏)

    寄付金額:51,720 円

    10月7日に開いた支部総会での募金を道内の社会福祉に役立ててと。

  • 清水 征子様(函館市)

    寄付金額:10,610 円

    社会福祉に役立ててと。

  • 愛国はしご酒実行委員会様(釧路市)

    寄付金額:20,000 円

    社会福祉に役立ててと。

  • 匿名の方(札幌市)

    寄付金額:100,000 円

    歳末助けあいに。

  • 匿名の方(札幌市)

    寄付金額:100,000 円

    社会福祉に役立ててと。

  • 青年サークルありの会回顧50周年のつどい参加者一同様(函館市)

    寄付金額:21,000 円

    社会福祉に役立ててと。

  • 2017-11-1_トヨタカローラ函館

    トヨタカローラ函館様(函館市)

    寄付金額:500,000 円

    交通事故遺児や盲導犬育成のために役立ててほしいと。

寄付金の税制上の優遇

 当基金は税額控除該当法人です。確定申告の際、寄付金領収証を添付することで、個人は主に所得税と個人住民税、法人は主に法人税が軽減されます。

  • ◇寄付者が個人の場合
    • ▽所得税の寄付金控除
    • 所得控除か税額控除か、どちらか有利な方を選ぶことができます。所得税率20%の方が3万円寄付した例を挙げて計算してみます。
      • 所得控除=控除後に税率を掛けるため、所得税率の高い高所得者の方が減税効果は大きい。
      • (寄付額30,000円-2,000円)×20%(寄付者の所得税率)=5,600円(所得税額から控除される額)
      • 税額控除=寄付金を基に算出した控除額を、税率に関係なく、税額から直接控除するため小口の寄付にも減税効果が大きい。
      • (寄付額30,000円-2,000円)×40%(一律)=11,200円
    • ▽住民税の寄付金控除
      • 個人道民税の寄付金税額控除額=(寄付額-2,000円)×6%
      •  *北海道は当法人を税額控除団体に指定しています
      • 個人市民税の寄付金控除税額=(寄付額-2,000円)×4%
      •  *札幌市は当法人を税額控除団体に指定しています。そのほかの市町村については、各市町村にお尋ねください。
  • ◇寄付者が法人の場合
    •  当基金への寄付は、一般の寄付金とは別枠で、寄付金の額の合計額と特別損金算入限度額とのいずれか少ない金額の範囲内で損金に算入されます。詳しくは近くの税務署にお尋ねください。

*実際の申告においては、寄付金の合計額や税額控除額に限度額があります。詳しくは、国税庁のホームページか、お近くの税務署にお尋ねください。

その他

年末の歳末たすけあい募金や国内外の災害支援の募金にも取り組んでいます。協力をお願いいたします。

例)

  • 台風大雨義援金 2016(平成28)年、1,289件4,095万円
  • 熊本地震救援金 2016(平成28)年、953件3,562万円
  • 東日本大震災被災者支援事業への寄付 2011~2016(平成23~28)年度、955件4,937万円