助成金

様々な分野の個人・団体を応援

福祉公募助成

1. 福祉活動助成

道内の福祉活動を活発化させるため、2003年度に始まった事業(当時は「一般公募助成」の名称)です。全道からの助成希望団体を公募しています。助成は1件30万円以内で、当基金の評議員会で助成団体を決定します。

2021年度の応募期間は4月15日(木)から5月20日(木)まで。
募集要項と申請書一式は次の通りです。

申請書類をダウンロード

  • 募集要項(PDF
  • 申請書(PDFExcel
  • 申請書記入要領(PDF
  • 別紙① 年間スケジュール表(PDFWord
  • 別紙② 予算書<記入例>(PDF
  • 助成事業報告書(PDFWord

北海道新聞社会福祉振興基金は2021年7月28日、札幌市内で評議員会を開き、本年度の福祉活動助成で11団体に総額298万9千円を助成することをきめました。助成先は以下の通りです。

2021年度助成先

  • ニルスの会(札幌市)
  • みなぱ(札幌市)
  • ステップバイステップ(札幌市)
  • みみをすますプロジェクト(札幌市)
  • 北翔会(札幌市)
  • こども食堂ぐれ~す(札幌市)
  • セラピア(函館市)
  • 神楽子供食堂らっこルーム実行委員会(旭川市)
  • mamaconcierge Wednesday(旭川市)
  • はぐくみ(紋別市)
  • 陽向ぼっこ(釧路管内白糠町)

 

2. 小規模就労支援助成

道内の障害者の福祉向上を目指して、小規模通所就労支援事業所(就労継続支援B型事業所、地域活動支援センター、地域共同作業所等)への助成活動を1985年度(昭和60年度)から続けています。施設の事業活動に必要な器具や備品や生活介護関連備品の整備のための助成金を交付します。助成は1件30万円以内で、当基金の評議員会で助成団体を決定します。

2021年度の応募期間は4月15日(木)から5月20日(木)まで。
募集要項と申請書一式は次の通りです。

申請書類をダウンロード

  • 募集要項(PDF
  • 申請書(事業報告書含む)(PDFWord

北海道新聞社会福祉振興基金は2021年7月28日、札幌市内で評議員会を開き、本年度の小規模就労支援助成で17事業所に総額332万1千円を助成することをきめました。助成先は以下の通りです。

2021年度助成先

  • スミールヒュースみすまい(札幌市)
  • ユニ・ノーマ(札幌市)
  • 共同作業所ぽろみな(札幌市)
  • サニーチルドレン(札幌市)
  • 杜の風(札幌市)
  • すてっぷ(札幌市)
  • ラビットファーム(函館市)
  • あかしあ労働福祉センター第3作業所(旭川市)
  • COLOR PIECE(旭川市)
  • 障がい福祉サービス事業所玄(苫小牧市)
  • イコロン村(石狩市)
  • ぺこぺこのはたけ(石狩管内当別町)
  • ぴあねっと(空知管内新十津川町)
  • ちあふる(日高管内新ひだか町)
  • 地域サポートセンターえがお(十勝管内音更町)
  • デイセンターばんせい(十勝管内音更町)
  • みなやんワークス(釧路管内標茶町)

 

道新ボランティア奨励賞

道内の地域福祉活動の充実と推進を目指して、道内で積極的に社会奉仕やボランティア活動を続ける団体・グループに贈る賞で1977年度(昭和52年度)にスタートしました。市町村や教育委員会、社会福祉協議会などから推薦された候補団体の中から、毎年10団体ほどを表彰しています。 個々の団体・グループに贈る一般奨励賞と、個々のボランティアグループをまとめている広域組織や、特に顕著な活動、他の模範・先駆けとなる活動をしている団体に贈る特別奨励賞の2部門があります。特別奨励賞には30万円、一般奨励賞には25万円が贈呈されます。

2021年度の募集要領と推薦書、記載上の留意事項は下からダウンロードできます。5月7日(消印有効)までに、所定書類を各地区の社会福祉協議会へご提出ください。発表は9月2日(木)付けの道新紙上、贈呈式は「ボランティア愛ランド北海道2021」(11月13日、江別市)で行う予定でしたが、開催が中止になりました。受賞団体へは記念の盾をお贈りし表彰に代えさせていただきます。※コロナ感染症拡大の影響で、審査・発表・贈呈式の各日程が変更になっています。

募集要領ダウンロードPDF

推薦書ダウンロードエクセル)(PDF

推薦書記載上の留意事項ダウンロードPDF

道新ボランティア奨励賞規程ダウンロードPDF

道新ボランティア奨励賞<報告書>ダウンロードワード)(PDF

2021年度の「一般奨励賞」受賞団体が以下の8団体に決まりました。助成金25万円と記念品(盾)を贈ります。10月上旬の北海道新聞紙面にて活動の特集を掲載予定です。

2021年度受賞団体

  • mamma dou-dou(札幌市)
  • NPO法人北海道鉄道文化保存会(小樽市)
  • 広陽小学校図書館ボランティア ミッケ!(帯広市)
  • 苫小牧手話サークルひまわり(苫小牧市)
  • コンパニア・デ・マンドリーナ(登別市)
  • 朗読ボランティア 声の図書館そよかぜ(網走市)
  • ゆめクラブ(空知管内新十津川町)
  • あつまっぷる(胆振管内厚真町)

東日本大震災被災者への支援

東日本大震災の被災地から、子供たちを道内に一時保養に招く民間団体の取り組みを支援します。

※以下の情報は2020年度のものです。2021年度については新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ助成事業は中止いたします。

2020年度の支援額は、本州と北海道間の交通費として1人当たり1万円程度で、申し込み状況をふまえて、支援額を決定します。事前申し込みのあった団体の中から支援する団体を決定します。一時保養受け入れ終了後に必要書類を提出していただき、内容確認の上、支援金をお支払いします。

事前申し込み期間は、6月1日(月)~6月30日(火)必着で、基金事務局へ。

2020年度の支援概要と申込書は以下の通りです。

「2020年度東日本大震災一時保養交通費助成について(申込書)」ダウンロードWord)(PDF