• 新着情報
  • お知らせ
2019/02/22
寄付の週計(2月16日~22日)=敬称略
◇札幌市▽札幌市東区私立保育園連盟 6万2千円▽道新若林販売所 1万9682円 ◇函館市▽函館交通 2万円▽中野繁光 5千円 ◇日高管内日高町▽日高寺檀信徒一同 6万円 ◇岐阜県▽瀬尾幸男 5千円 ▽週計 17万1682... 続きを読む
2019/02/21
胆振東部地震義援金 支給済みは8億円 1月末現在
 胆振東部地震義援金の被災者への支給状況(1月末現在)がまとまりました。各市町に配分された約13億円のうち、62%の8億1467万円が支給済みです。件数では25.1%の3673件に支給しました。  北海道災害義援金配分委... 続きを読む
2019/02/19
胆振東部地震義援金9,206万円を追加配分
北海道は19日、胆振東部地震義援金9206万円を16市町に追加配分すると発表しました。 北海道災害義援金配分委員会事務局としての発表です。それによると、2月14日までに全国から同委員会に寄せられた義援金は34億4557万... 続きを読む
2019/01/31
医療的ケアを要する子の施設にAED
札幌市中央区のNPO法人ソルウェイズは、当基金の助成を受けて、自動体外式除細動器(AED)=写真=を設置しました。 同施設は、医療的ケア(痰のの吸引、経管栄養など)を必要とする重症心身障害を含む障害児を必要に応じて預かり... 続きを読む
2019/01/31
CAPをすすめる会が子どもを守る連続講座
NPO法人の北海道CAPをすすめる会は昨年8月から12月にかけて4回、札幌市内で、子どもを守る連続講座を開きました。当基金の助成を受けた事業です。 講師は、1回目が新潟市議の石附幸子さん、2回目は人身取引被害者サポートセ... 続きを読む
2019/01/25
ひとり親家庭から奨学金の礼状
 道内のある町から、ひとり親家庭の奨学金を受けた母子3組の礼状がまとめて送られてきました。当基金は本年度、札幌市内53人、札幌を除く道内206人の高校生に、ひとり親家庭への奨学金(年額6万円)を贈っており、その後期分が届... 続きを読む
2019/01/09
年末までの本年度寄付額は2億2千万円、過去最高
 道新福祉基金は本年度第3四半期(昨年12月末)までの事業をまとめました。それによると、寄付額は2億2348万円で、設立以来の年間最高額(2016年度の1億8478万円)を超えました。   このうち、西日本豪雨救援金が2... 続きを読む
2019/01/04
道東と道南の児童養護施設から礼状
 明けましておめでとうございます。当基金が新年にたくさんの年賀状やお手紙、はがきを受け取った中に、道東と道南の児童養護施設の高校生からの礼状がありました。一部を紹介します。  ・3年間寄付していただいたおかげで、お金に困... 続きを読む
2018/12/27
釧路の施設、外壁の塗装を明るく
 NPO法人くしろ・ぴーぷる(釧路市愛国東)は、当基金の助成(50万円)を受けて、外壁と屋根の塗装工事をしました。写真は、下の「ぴーぷる」をクリックするとご覧になれます。  11月下旬に工事をスタート、12月12日に終了... 続きを読む
2018/12/25
自閉症や発達障害児の保護者と教師、支援者の効果的連携とは
 北海道自閉症協会オホーツク分会は11月18日、北見工業大で、道教大付属特別支援学校(函館)の太田千佳子副校長を講師に、自閉症や発達障害児にかかわる保護者・教師・支援者の効果的な連携の在り方を学びました。  オホーツク管... 続きを読む
2018/12/21
手をつなぐ育成会がカレンダー
 北海道手をつなぐ育成会は2019年のカレンダーを2種類制作しました。  絵は、道内の事業所で働く青年たちや、特別支援学校に通う生徒らが余暇に描いた作品が中心です。会員から募集し、80作品の応募があり、苫小牧での全道大会... 続きを読む
2018/12/17
苫小牧の心太鼓が助成金で太鼓の張り替え
 苫小牧市手をつなぐ育成会ワークセンターるーぷに通う障がい当事者の同好会「心太鼓」は、当基金の一般公募助成を受けて、太鼓6台を修繕しました。  活動19年目になり、地域のイベントなどで年間10回ほど演奏しています。今回は... 続きを読む
2018/12/17
後期奨学金の礼状が続々
 本年度下期の奨学金を支給した礼状が、道内の児童養護施設や、ひとり親家庭から続々届いています。  当基金は、道内のひとり親家庭の高校生206人に北海道母子寡婦福祉連合会を通じて計618万円を贈りました。児童養護施設に在籍... 続きを読む
2018/12/13
手話サークル団体との情報交換が円滑に
札幌手話サークル連絡協議会は、当基金の一般公募助成金12万8千円を受けて、ノートパソコンとプリンターを購入しました。 同協議会は23サークル、493人で構成されています。札幌市手話講習会の講師を担うほか、機関紙「たけとん... 続きを読む
2018/12/13
要約筆記の練習用パソコンを助成金で購入
釧路要約筆記サークルあかり(釧路市)は、当基金の一般公募助成金77000円を受けて、パソコン1台を購入しました。 IPトークでのパソコン要約筆記の実践練習をして、要約筆記者一人ひとりの技量を高めるのが狙いです。下の「あか... 続きを読む
2018/12/13
助成金でAEDをグループホームに設置
社会福祉法人北海道リハビリー(北広島市)は、当基金の一般公募助成金19万6千円を受けて、グループホームのエルフィンホームにAED(自動体外式除細動器)を設置しました。 同ホームは、障がい者や高齢者が利用する施設で、心停止... 続きを読む
2018/12/13
助成金で、玄関ドアとサッシを改修
障がい者の生活を支え、就労の場づくりをしているNPO法人はあと(北斗市)は、当基金の一般公募助成金50万円を受けて、老朽化した玄関ドアと2階のサッシを改修しました。 2010年に購入した建物(築22年)の木質系の窓枠は、... 続きを読む
2018/12/07
第3次の3636万円を義援金募集委員会に送付
 道新福祉基金は7日、11月末まで募集した胆振東部地震義援金に寄せられた3636万8531円を北海道災害義援金募集委員会(事務局・日赤道支部)に送りました。  すでに第1次と第2次分として1億2295万5658円を送り済... 続きを読む
2018/12/04
パーキンソン病で悩む人へのハンドブック発行
 全国パーキンソン病友の会北海道支部旭川ブロック(石坂照代会長)は、オリジナルハンドブック「パーキンソン病で悩んでいるあなたへ」=写真=を発行しました。道新福祉基金の本年度一般公募助成を受けた事業で、報告書が届きました。... 続きを読む
2018/12/04
胆振東部地震義援金受け付け終了、ありがとうございました
 北海道新聞社など道新グループ5社が道新福祉基金を窓口に受け付けた胆振東部地震の義援金は、11月末の締め切りまでに1080件、総額1億5932万4189円が集まりました。皆さまの温かいご協力に感謝します。  道内はもとよ... 続きを読む
2019/02/21
2019年度助成金の募集要項は3月からホームページに掲載
 当基金は、2019年度の公募型助成金の募集要項を3月からホームページに掲載します。  2018年度まで「一般公募助成」と「小規模通所就労支援事業所器具備品整備等助成」の名前で、助成先を募集してきました。2019年度はそ... 続きを読む
2019/01/29
胆振東部義援金の62%が被災者に渡る
胆振東部地震義援金の支給状況について道から連絡がありました。 昨年12月末現在、道新福祉基金などの義援金を集めた北海道災害義援金配分委員会から28市町に配分された約9億円のうち、5億6,868万円が被災者に支給済みだそう... 続きを読む
2019/01/08
10日までカレンダー市 ユネスコに協力
 道新福祉基金は新春恒例の第32回ユネスコ2019カレンダーリサイクル市に協力し、北海道新聞社に寄せられた各種カレンダーを提供しました。  段ボール1箱分を、1月7日、かでる2.7に届けました=写真=。この日は、企業や家... 続きを読む
2018/12/21
知的障害者本人の会全道交流会実行委から報告書
 当基金から助成金25万円を受けた「知的障害者本人の会全道交流会」実行委員会から、報告書が届きました。  同実行委は、道内の発達障害者と保護者、支援する専門家でつくる北海道手をつなぐ育成会の中にあります。本年度は、道内の... 続きを読む
2018/12/18
道民歳末たすけあい、第1次助成決定
 本年度の道民歳末たすけあいの第1次助成先が12月18日、札幌の道民活動センターで開かれた第2回歳末たすけあい運動推進会議で決まりました。  道民歳末たすけあいは、12月1日から25日まで、当基金やNHK道内放送局などで... 続きを読む
2018/12/11
西日本豪雨と胆振東部地震義援金の寄付金控除
当基金が受け付けた「西日本豪雨救援金」と「胆振東部地震義援金」への寄付は所得税法第78条第2項第1号及び法人税法第37条第3項第1号の「国又は地方公共団体に対する寄付金」に該当します。法人の場合は法人税の損金算入、個人の... 続きを読む
2018/11/19
西日本豪雨義援金の受領証
 道新福祉基金は今年7月11日から8月31日まで、西日本豪雨の義援金を集め、2回に分けて全額を日本赤十字社に寄託しました。  寄せられた義援金は495件、2444万5227円に上りました。このうち、第1次送金分1239万... 続きを読む
2018/11/13
12 月14日に「北海道の子どもの貧困」講演会
コープさっぽろ社会福祉基金は12月14日(金)午前10時から正午まで、札幌市中央区北9西23、コープさっぽろ宅配中央センターで「北海道の子どもの貧困について」の講演会を開きます。 講師は、北大大学院教育学研究院の上山浩次... 続きを読む
2018/10/19
児童養護施設から進学する高校生への支援金24人に決定
 社会的養護児童進学・自立支援金の運営委員会が10月9日、開かれ、道内の児童養護施設と里親らを通じて申請のあった24人全員に総額600万円を支給することを決めました。  来春、大学や短大、専門学校などへの進学を目指す24... 続きを読む
2018/10/17
10月26日までの義援金を第2次配分
 胆振東部地震義援金の募集委員会は、10月26日(金)までに寄せられた義援金を第2次配分として被災地に送ることになりました。これに合わせて、道新福祉基金は10月25日(木)までに寄せられた分を募集委員会に送金します。  ... 続きを読む
2018/10/03
北海道出身の演奏家たちが10月17日に胆振東部地震復興支援コンサート
 在京の道内出身演奏家が集う「やるかい!今だべさ!どさんこクラシックス」が10月17日午後7時から、東京オペラシティリサイタルホールで開かれます。収益金は、胆振東部地震への義援金として、道新福祉基金を通じて被災者に届けら... 続きを読む
2018/09/28
10月29日から11月2日まで奨学金の電話相談
 北海道労働者福祉協会や連合北海道などでつくる北海道ライフサポートセンターは、10月29日(月)から11月2日(金)まで、奨学金に関する電話相談を受ける。  午前10時から午後4時半まで。無料の直通ダイヤルは0120-7... 続きを読む
2018/09/13
「震災」に便乗した義援金等の詐欺に注意
 道警本部から、「震災」などに際して、お金を求める訪問や電話への注意を呼び掛けてほしいという、要請がありました。  以下、道警の呼びかけです。  震災などの発生に際して、お金等を求める訪問や電話等があった場合には、落ち着... 続きを読む
2018/09/10
ひとり親家庭から奨学金の礼状
道内のひとり親家庭の高校生を対象にした奨学金の本年度前期分が8月下旬支給され、当基金に礼状が届いています。本人を特定できないよう、一部を紹介します。  Aさん(母親) 今回の奨学金は、秋の就学旅行のお小遣いや準備品等の購... 続きを読む
2018/09/07
地震で業務を休みます
当基金は、北海道胆振東部地震で札幌市内の公共交通機関が止まっているため、9月6日に引き続き、7日午後の業務を休みます。10日から通常に戻ります。
2018/08/26
道新ボランティア奨励賞の受賞団体決まる
第42回道新ボランティア奨励賞の受賞団体が、8月21日に道新本社で開かれた審査会で次の10団体に決まりました。 道内の社会福祉協議会や社会福祉施設から31団体の推薦がありました。忍博次北星大名誉教授を委員長とする9人の委... 続きを読む
2018/08/23
高専生への奨学金、前期分を決定
 道新福祉基金は、道内の工業高等専門学校生を対象にしたウェルネット奨学金の本年度前期分として、各校から推薦のあった42人全員に総額494万8,268円を支給することを決めました。  8月21日までに開かれた評議員会で決定... 続きを読む
2018/08/21
道母連の2018年度奨学生決定
北海道母子寡婦福祉連合会の奨学金運営委員会が8月20日開かれ、本年度の受給生(高校生)を決めました。 母子会の会員から227人、母子会未加入の一般公募で27人の申請があり、合計254人のうち、253人が奨学生に選ばれまし... 続きを読む
2018/08/02
10月24日に向谷地さんが講演
精神障がいを経験した当事者たちと浦河べてるの家を開設し、「当事者研究」で活躍している向谷地生良(むかいやち・いくよし)さんの講演会が10月24日(水)午後6時から、札幌市教育文化会館で開かれます。 向谷地さんは、道医療大... 続きを読む
2018/07/24
一般公募24団体と小規模4事業所に助成決定
 公益財団法人北海道新聞社会福祉振興基金(広瀬兼三理事長)は7月23日、札幌市内で評議員会を開き、本年度の一般公募助成で24団体に総額750万5千円、小規模通所就労支援事業所器具備品整備等助成で4事業所に90万1千円を助... 続きを読む
最近の寄付者
  • 函館交通様(函館市)

    寄付金額:20,000 円

    社会福祉に役立ててと。

  • 中野 繁光様(函館市)

    寄付金額:5,000 円

    社会福祉に役立ててと。