• 新着情報
  • お知らせ
2019/11/11
◆令和元年台風19号災害義援金(寄付者一覧=敬称略=)
累計583件、16,463,450円 (11月11日受付分=26件3,517,220円)  ◇札幌市▽北海道新聞グループ5社 3,000,00▽戸澤泰子 5,000▽匿名 10,000▽匿名 10,000▽匿名 10,0... 続きを読む
2019/11/08
寄付集計(11月2日~8日)=敬称略
◇札幌市▽熊野亜希 10万7588円◇苫小牧市▽生命保険協会苫小牧協会 30万円◇石狩市▽匿名 1万円 ◇令和元年台風19号災害義援金▽131件 292万9875円 ▽週計 334万7463円 ▽年度累計 4688万59... 続きを読む
2019/10/16
◆「令和元年台風19号災害義援金」の受付開始しました
10月16日~11月29日まで、「令和元年台風19号災害義援金」の受付をしています。受付口座は「郵便振替02730-5-76823、口座名「道新福祉基金」」、他行からの振込の場合は「ゆうちょ銀行・二七九支店・当座0076... 続きを読む
2019/09/30
道新ボランティア奨励賞を10団体に贈呈
第43回道新ボランティア奨励賞の授賞式が9月28日、檜山管内江差町文化会館で開かれました。  北海道社会福祉協議会主催の「ボランティア愛ランド北海道2019inえさし」の冒頭で行われました。全道各地から約700人のボラン... 続きを読む
2019/08/26
一人親家庭から奨学金の礼状
 当基金は事業費の半分超を返す必要のない給付型奨学金に充てており、中でも一人親家庭には本年度、259人に年額6万円ずつ支給します。道内各地から届いた礼状の一部を紹介します。  (母親から)息子は高3で就職組ですが、警察官... 続きを読む
2019/07/29
福祉観覧席の来場者からの感想文(道新花火大会)
・花火大会にごしょうたいしてくれてありがとうございます。3番目の光の舞踏会がまぶしくてすごかったです。僕が一番すごかったと思ったのは最後の天空のパノラマガーデンで、2発3発ではなく、一勢に5、6発打っていたのでとてもきれ... 続きを読む
2019/07/05
震災被災地からの交通費助成先決定
道新福祉基金は、東日本大震災の被災地から今夏、道内に一時保養に来る親子の交通費を助成する団体を決めました。 助成するのは、被災者を受け入れる道内のボランティア9団体で、昨夏と同数です。7月21日から8月19日にかけて、合... 続きを読む
2019/06/28
「1人でもいいから親友を作って」札母連の奨学金贈呈式
札幌市母子寡婦福祉連合会の奨学金贈呈式が6月27日夜、札幌市の「社会福祉総合センター」で開かれました。 道新社会福祉基金からの53人分を含む178人に1人年間6万円の返済不要型奨学金が贈られました。贈呈式では、箭原恭子札... 続きを読む
2019/06/11
長万部の特養で道新福祉基金コンサート
【長万部】札幌交響楽団(札響)の団員4人による「道新福祉基金コンサート」が6日、町平里の特別養護老人ホーム長万部慈恵園で開かれ、入所者など100人が弦楽四重奏の調べに聞き入った。  道新社会福祉振興基金と北海道共同募金会... 続きを読む
2019/06/07
2019道新UHB花火大会に障害者を招待
  北海道新聞社と道新福祉基金は、今夏も札幌豊平川での道新・UHB花火大会に障害者手帳保持者を招待します。写真は昨夏の様子です。KDDI北海道総支社が協賛します。 ◇期日 7月26日(金)午後7時40分打ち上げ開始。荒天... 続きを読む
2019/06/04
東日本大震災被災者支援の助成先を受け付け
道新福祉基金は6月1日から、本年度の東日本大震災被災者一時保養の交通費助成を受け付けています。 夏休み期間に被災地の親子を道内に一時保養に招いている民間団体が対象です。 募集期間は6月30日(日)必着です。申し込み書や対... 続きを読む
2019/05/28
札響の道新福祉シート招待券を贈呈
 道新福祉基金への寄付を原資にした札幌交響楽団の道新福祉シートに施設入居者らを招待するチケットが28日、札幌市に贈呈されました。  対象となる演奏会は、7月17日に札幌コンサートホール「キタラ」で開かれる札響ポップスコン... 続きを読む
2019/05/28
寄付最高額2億円超 道新社会福祉基金
 北海道新聞社会福祉振興基金は27日、定時評議員会を開き、2018年度(第54期)の事業報告、収支決算などを承認し、任期満了などに伴う理事4人、監事1人、評議員1人の選任を決めました。  事業報告によると、募金事業では、... 続きを読む
2019/05/24
福祉公募助成の応募締め切り、計70件
本年度の福祉活動助成と、小規模就労支援助成の応募を今月20日の消印有効で締め切りました。 北海道社会福祉協議会(道社協)が窓口となって受け付けました。福祉活動助成は、昨年より18件多い48件、小規模助成は昨年より16件多... 続きを読む
2019/05/10
胆振東部地震義援金、第3次配分を決定、6割を支給へ
北海道災害義援金配分委員会が10日、道庁で開かれ、胆振東部地震義援金の第3次配分を決めました。 佐藤敏会長(道保健福祉部長)が「募金は52億円を超えている。本日の委員会で配分基準を見直して、第3次配分を行いたい」とあいさ... 続きを読む
2019/04/26
道新ボランティア奨励賞の募集要項、推薦書を掲載
2019年度の第43回道新ボランティア奨励賞の募集要項と推薦書など一式を当ホームページの「助成金」ページに掲載しました。 ダウンロードしてご活用ください。推薦書の提出期限は、5月21日です。道内のボランティア活動を盛んに... 続きを読む
2019/04/16
福祉公募助成の申請書一式を掲載
道新福祉基金の本年度「福祉公募助成」の申請書一式をダウンロードできるよう、当ホームページの「助成金」に掲載しました。 従来、①「一般公募助成」と呼んでいたのを「福祉活動助成」と名称を変更。②「小規模通所就労支援事業所器具... 続きを読む
2019/04/08
日本の民話を語り伝える会が44年の活動に終止符
 2002年に道新ボランティア奨励賞を受けた「日本の民話を語り伝える会」(藤井紀子代表=写真左)が44年間の活動に終止符を打ち、4月16日に札幌市内のホテルで卒業の集いを開きます。  同会は1975年、東隆子さん(現在8... 続きを読む
2019/04/02
胆振東部地震の義援金、4742万円を追加配分
北海道災害義援金配分委員会は4月2日、第2次配分の3回目として4742万円を12市町に送ると発表しました。 義援金は4月1日現在で48億1807万円寄せられています。このうち、14億4987万円が配分済みとなります。今後... 続きを読む
2019/03/29
貸付金利を年0.6%に変更 4月から
道新福祉基金は4月1日から、社会福祉法人や財団法人を対象とした設備資金の貸付利率を現在の年0.9%から、0.6%に引き下げます。有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅は0.9%に据え置きます。 貸し付け利率は3年ぶり... 続きを読む
2019/10/29
児童養護施設・里親家庭の高校生進学支援金 16人内定
 社会的養護児童の進学・自立支援金を決める運営委員会が10月29日開かれ、道内の児童養護施設と里親らを通じて申請のあった16人全員に総額545万円を支給することを決めました。来春、大学や短大、専門学校などへの進学を目指す... 続きを読む
2019/10/16
「令和元年台風19号災害義援金」の受付を開始しました
10月16日~11月29日まで、「令和元年台風19号災害義援金」の受付をしています。受付口座は「郵便振替02730-5-76823、口座名「道新福祉基金」」、他行からの振込の場合は「ゆうちょ銀行・二七九支店・当座0076... 続きを読む
2019/09/02
高専生への奨学金、前期分を決定
 道新福祉基金は、道内の工業高等専門学校生を対象にしたウェルネット奨学金の本年度前期分として、各校から推薦のあった54人全員に総額619万1,459円を支給することを決めました。  8月30日までに開かれた評議員会で決定... 続きを読む
2019/08/14
道母連の2019年度奨学生決定
北海道母子寡婦福祉連合会の奨学金運営委員会が8月9日開かれ、本年度の受給生(高校生)を決めました。 母子会の会員から249人、母子会未加入の一般公募で58人の申請があり、合計307人のうち、253人が奨学生に選ばれました... 続きを読む
2019/07/30
8月15日は夏季休業いたします
振込によるご入金は受け付けております
2019/07/26
福祉活動公募28団体と小規模14事業所に助成決定
公益財団法人北海道新聞社会福祉振興基金(広瀬兼三理事長)は7月24日、札幌市内で評議員会を開き、本年度の福祉活動助成(昨年までは一般公募助成)で28団体に総額625万7千円、小規模就労支援助成で14事業所に301万8千円... 続きを読む
2019/07/22
社会的養護児童進学・自立支援金の本年度の受付開始
北海道新聞社と道新社会福祉振興基金は、道内の児童養護施設などに入所または里親に委託されている高校生に、大学や短大、専門学校の初年度納付金の一部を支援します。 入学金や授業料、支度金などの一部で、1人当たり最高50万円。返... 続きを読む
2019/07/11
道新ボランティア奨励賞の受賞団体が決まる
第43回道新ボランティア奨励賞の受賞団体が、7月10日に道新本社で開かれた審査会で次の10団体に決まりました。 道内の社会福祉協議会や社会福祉施設から41団体の推薦がありました。忍博次北星大名誉教授を委員長とする9人の委... 続きを読む
2019/07/01
9月20日に東日本大震災・胆振東部地震復興チャリティーコンサート
東日本大震災の第6回復興チャリティーコンサートが、9月20日(金)午後7時から、札幌市の時計台ホール2階ホールで開かれます。今年は、昨年9月に発生した北海道胆振東部地震の復興も兼ねて行われます。 ピエモンテ企画の主催で、... 続きを読む
2019/06/14
2年ぶりにパンフレットを更新
道新福祉基金は2年ぶりにパンフレット「北海道新聞社会福祉振興基金のご案内」を発行しました=写真=。 観音折り8ページのカラー印刷で、1500部製作し、基金事務局で来訪者に渡すほか北海道新聞の各支社、支局にも送りました。 ... 続きを読む
2019/03/28
講師招き、看取りの研修会 白老の天寿会
 主任介護支援専門員で看護師でもある村中奈生美さんを千歳から招いた「看取りについて」の研修会が2月27日、胆振管内白老町の社会福祉法人天寿会で開かれました=写真=。  当基金の一般公募助成を受けた事業で、同会の特養部や老... 続きを読む
2019/03/12
バーチャルリアリティーで認知症体験 緑陽会
苫小牧の社会福祉法人緑陽会は2月16日、当基金の助成(約37万円)を受けて、バーチャルリアリティー(VR)での認知症体験会を開きました=写真=。 医療・施設関係者23人と、地域住民・施設利用者家族16人が参加しました。体... 続きを読む
2019/03/12
要介護者をクラシックで元気に 帯広高齢者支援協会
帯広高齢者支援協会は本年度、当基金の助成30万円を受けて、十勝管内の高齢者施設6カ所に札響団員やアイルランド音楽の「クランフィールズ」を招いた演奏会を開きました。 昨年11月14日に帯広介護施設るくる、今年1月18日に本... 続きを読む
2019/03/12
木まぐれ研究所が木工加工機器購入 
当基金の2018年度小規模通所就労支援事業所への助成で、木まぐれ研究所(北広島市・就労継続支援B型)が、木工旋盤とベルトサンダー、ルーター、ベンチグラインダーを購入しました。 機器購入により、製作スピードが向上、より詳細... 続きを読む
2019/03/11
こども食堂グレースから報告書
当基金の本年度一般公募助成(13万1千円)を受けた「こども食堂グレース」(札幌市手稲区)から事業の報告書が届きました。 こども食堂は、対象期間の昨年8月から今年2月までに18回開催、成人式で振袖を着たい人への支援は新聞で... 続きを読む
2019/03/08
障害者基本法改正に向けた北海道集会
当基金の助成(50万円)を受けて昨年11月10日に札幌市で開かれた「障害者基本法改正に向けた北海道集会」の報告書が届きました。主催したのはDPI(障害者インターナショナル)北海道ブロック会議です。 この集会には98人が参... 続きを読む
2019/03/06
車いすフェンシングの普及と選手、コーチ、スタッフ育成
北海道フェンシング協会は、2018年度当基金一般公募助成を受けて、下肢に障害がある選手によるパラリンピック競技「車いすフェンシング」の機材を購入し、旭川と室蘭での合宿練習・体験会を開きました。 合宿は、ふだん練習拠点であ... 続きを読む
2019/03/05
おもちゃクリニックから助成事業報告書
おもちゃクリニック(札幌市、柳橋正気代表)から、当基金の2018年度一般公募助成事業を受けた報告書が届きました。 昨年8月から今年2月まで、南区民センターなど札幌市内8カ所で定期修理活動や工作教室、出前展示、宅配便修理を... 続きを読む
2019/03/04
奨学金問題のブックレット
 北海道学費と奨学金を考える会が、「あきらめないで!マンガでわかる奨学金問題対処法」と題したブックレットを刊行しました。最寄りの書店、北大生協などで購入できます。定価900円(税別)。問い合わせはインクル代表の西博和弁護... 続きを読む
2019/03/01
障害者が主役 最後の夢公演 助成事業報告
深川市内の障害者通所施設の利用者らが出演する演劇「夢公演 生きているということ」が昨年11月18日、深川市内で上演されました。当基金の本年度一般公募助成事業の一つで、報告書が届きました。 詩人・谷川俊太郎さんの詩「生きる... 続きを読む
最近の寄付者
  • はこだて陶芸「土」の会様(函館市)

    寄付金額:13,000 円

    社会福祉に役立ててと。

  • 道新大塚販売所様(札幌市)

    寄付金額:8,440 円

    古紙回収の益金を社会福祉に役立ててと。86回目