スタッフブログ

記事一覧

30代女性が奨学金に寄付

 ふだん当基金には中高齢の方からの寄付が多いですが、30代の女性が2月6日、寄付を持参してくれました。  「中学生の時に病気をして、障がい者として医療費や税金を安くしてもらったり、社会の人に助けられた。気持ちの上でも家族… 続きを読む

81歳女性が旅行費用を寄付

札幌市北区の自炊型軽費老人ホーム「拓寿園」に入居している猪狩志津子さん(81)が1月30日、当基金に10万円を寄付しました。 この日の最低気温は氷点下6.8度まで下がり、寒い午前中、「寄付に行こうか迷った末に」訪れました… 続きを読む

さっされんが新年交礼会で新成人を激励

 札幌市内の小規模作業所でつくるNPO法人さっされんが18日、サンプラザで新年交流会と成人祝賀会を開きました。  菊入一隆理事長が「昨年は災害が相次いだが、今年は良いことばかりであるよう祈ります」とあいさつ。「あかり家」… 続きを読む

盲ろう者向け拡大読書器を助成金で購入

札幌の聴覚障害者支援センターほほえみは、当基金の助成金で、折り畳み式据え置き型拡大読書器を購入しました。 数年前に寄贈された読書器は、電源を入れても画面が出ないときがしばしばあったため、新たに購入しました。21万円で、う… 続きを読む

北海道の子どもの貧困について講演

 コープ福祉講演会が12月14日、札幌市内で開かれ、北大教育学研究院の上山浩次郎助教が「北海道の子どもの貧困について」話しました=写真=。  上山さんは教育機会の地域間格差や不平等、特にお金の格差に関心をもっています。北… 続きを読む

クリスマスの贈り物

児童養護施設「札幌育児園」から、クリスマスの贈り物が届きました。 折りたたまれているカードを広げて、三角形の立体になるよう組み立てると、大通公園の夜景になりました。イルミネーションの明かりが美しく、多くの人が出ています。

塩梅屋が助成受け、店舗設備を一新

 小樽市朝里2の「カフェ まるしぇ塩梅屋」は、本年度の小規模就労支援事業所への助成を受け、店舗設備を一新しました。  塩梅屋は、障害のある人たちの就労支援B型事業所です。これまで朝里市場内で営業していましたが、建物自体の… 続きを読む

歳末たすけあいの季節始まる

 今年も歳末たすけあいの季節になりました。6日には曹洞宗札幌禅林青年会、7日には茶道裏千家淡交会札幌支部連合会が、恒例の寄付に訪れました。  札幌禅林青年会は、市内の45歳までの僧侶で構成され、18人が札幌の大通公園とJ… 続きを読む

チャリティーコンサートの益金を寄付

 札幌の住宅会社「スター・ウェッジ」は、昨年に続いてチャリティーコンサートの収益全額を児童養護施設の子どもたちへの奨学金や社会福祉活動に寄付してくれました。  このコンサートは、10月20日に開かれ、白石区の教室を拠点に… 続きを読む

鹿児島でのイベント募金を義援金に

 遠く鹿児島県南さつま市の観光協会から胆振東部地震の義援金1万5千円が届きました。  南さつま市は旭川市と姉妹都市にあり、9月15 ~17日に旭川で開かれた「北の恵み食べマルシェ」に出店しました。同マルシェ実行委員会が胆… 続きを読む