スタッフブログ

日別: 2018年10月18日

「奨学金、部活に使います」親子から礼状

 道新福祉基金から、ひとり親家庭の高校生への奨学金を受け取った親子から礼状が届きました。  高校生からは「母から部活をあきらめてもらうかもしれないと言われていたので、奨学金をいただけると聞いた時はすごくうれしかったです。… 続きを読む

千葉県の拓大紅陵高校が義援金届ける

 千葉県木更津市にある拓殖大学紅陵高校の2年生が、修学旅行中の10月30日、道新福祉基金を訪れ、胆振東部地震への義援金8万4616円を届けました。  当初、地震翌日の9月7日に出発予定でしたが、受け入れ態勢が整わず、延期… 続きを読む

福島県天栄村から義援金

 福島第1原発から南西70キロの福島県天栄村の添田勝幸村長と村職員互助会、村商工会が10月24日、胆振東部地震義援金を道新東京支社を通じて道新福祉基金に寄せました。  村は人口5348人。2011年3月の原発事故後、水田… 続きを読む

神戸星城高校が修学旅行中に義援金寄付

 神戸星城高校が道内を修学旅行中の10月18日、道新福祉基金に胆振東部地震への義援金を届けました。  2年生約400人と教員20人が10月15日から4泊5日の旅行中で、上川、十勝管内で旭山動物園や旭岳ロープウエイ、ラフテ… 続きを読む

海外の北海道人会から義援金が相次ぐ

米国カリフォルニア州ロサンゼルス周辺に住む北海道にゆかりのある人でつくる「南加道産子会」が10月11日、胆振東部地震の義援金と道内の福祉のために51万6,932円を寄付しました。 さらに、フランス在住の北海道人会「ポプラ… 続きを読む

大分の新聞社が紙面で募った義援金届ける

 大分合同新聞社と大分合同福祉事業団は11日、胆振東部地震の義援金、166万6,323円を北海道新聞社会福祉振興基金に寄託しました。  大分合同新聞社の利満廣志専務が、北海道新聞社を訪れ、広瀬兼三同基金理事長(北海道新聞… 続きを読む

胆振東部地震の義援金が1億円を突破

 道新福祉基金が9月11日から受け付けている胆振東部地震の義援金が10月5日、1億円を超えました。  近年では、2016年の熊本地震救援金(951件、3528万円)や道内台風大雨義援金(1289件、4095万円)、今年7… 続きを読む

胆振東部地震で最高額の寄付

 北海道のキリングループは10月2日、胆振東部地震の義援金と道内の福祉のために3000万円を寄付しました。  キリンビールの濱本伸一郎北海道統括本部長=写真左=が「ペットボトルの200円いかないものをたくさんの方に買って… 続きを読む